野良PTのススメ
 狩りの仕方についてはいくつか方法があると思います。まずはソロ。ドロップしたアデナやアイテムはすべて自分のものになる反面、SSが必要だったりPOTが必要だったり、お金がかかる狩りになります。現物ドロップがあれば一気に潤うまさに一攫千金の狩りかたと言えましょう。次にクランの仲間とのPT。これは気心の知れた仲間と狩りできるので楽しいですが、レベル差があると経験値が入りにくいし、毎回同じ仲間というのも飽きるというものです。
 そこで、たまには野良PTに参加してみませんか?野良PTとは、同じレベル帯の見知らぬ人たちがPTを組み、狩りを行うことです。アクションウィンドウにパーティーマッチというアイコンがありますのでそこで募集しているPTを検索して合流します。
 野良PTのメリットは、毎回見知らぬ人と組むことによって、狩りのテクニックやマクロの使い方、ドロップアイテム等のさまざまな情報を得ることができることです。また、以前野良PTで出会った人と再び出会うという嬉しい出来事にも遭遇します。さらに血盟に入っていない人もいますので、勧誘するチャンスにもめぐり合えます。
 リネージュUの基本ともいえる野良PT、まだ経験してない人は是非お試しあれ。


TOKIのPT指南
 そんなわけで、わたしが野良PTで得たちょっとした狩りのコツを列記してみます。ここではPTで募集される役割ごとに分けて解説しています。これが絶対ということではありませんので、参考程度にご覧くださいませ^^


 タンカー

 タンクとも呼ばれます。戦車のように防御力が高く、打たれ強いナイト系の職業が適したポジション。
【装備】タンカーをこなす為にはまず装備を整えることが重要です。武器よりも防具優先。盾の装備も必須。防御力が高ければおのずと受けるダメージが少なくなり、ヒーラーの負担が軽くなります。これによりヒーラーのMPが持続するためPTの生存率が上がります。
【役割】敵の攻撃をすべて受け止めるのがタンカーの役目。とにかく敵を引き付け、仲間に敵の攻撃が行かないように気を配ります。敵の攻撃欲求を刺激する魔法「ヘイト」「ヘイトオーラ」を多用することになります。
【テクニック】
・PTにヘイトをしていることを知らせる為にセリフ入りマクロを作っておくと一緒に戦っている見方は安心できます。
・敵の背後から攻撃したほうがクリティカルヒットの出る確率があがります。これを利用してうまく立ち位置を調整し、タンカーと反対側からアタッカーに攻撃させるように努めましょう。クリティカルが出れば出るほど敵を殲滅する時間が短くなります。
・スリープやルーツで足止めされている敵にもヘイトをかけましょう。スリープが切れたとき、自分に敵の攻撃が来るようにすることで、味方の被害を少なくできます。




 アタッカー

 火力とも呼ばれます。攻撃力が高く、敵のHPを削る役目を負います。グラディエーターやウィザード系、弓職、ドワーフが適したポジション。
【装備】とにかく攻撃力の高い武器を優先的に整えましょう。攻撃力が高ければ敵を早く殲滅できることになり、PTに大きく貢献できます。
【役割】敵を攻撃し敵のHPを削ることがアタッカーの役目。スキルも状況にあわせて使っていきます。
【テクニック】
・タンカーの反対側(敵のうしろ)から敵を攻撃するようにしましょう。クリティカルヒットの確立が上がり、敵を殲滅する時間が短くなります。
・必ずTL(後述)に従いましょう。画面左上のTLのパラメーターを右クリックすればTLが狙っている敵にターゲットが移ります。もしくはTLのターゲットを攻撃するマクロを作っておきましょう。
・弓や魔法は特に攻撃力が高く、攻撃を続けるとすぐにヘイト値(敵の攻撃欲求)が上がり、自分に敵の攻撃が来てしまう場合があります。この場合タンカーはすかさずヘイトをかけてくれると思いますが、タンカーのMP負担を考え、連続攻撃を控える等の配慮も時には必要となります。




 ヒーラー

 回復役です。ビショップやシリエンエルダーなどが適したポジション。
【装備】魔法力が上がる装備を揃えます。魔法力が上がればスリープやルーツ等の敵に対する魔法の成功率が上がります。これによりPTの受けるダメージを減らすことができます。
【テクニック】
・PTメンバーに回復呪文をかけることを知らせる為にセリフ入りマクロを作っておきましょう。回復魔法は詠唱時間があるため回復までタイムラグがありますが、セリフはすぐに出るため、ヒーラーが回復してくれるかどうかがすぐわかり、PTメンバーが安心できます。
・MPの消耗を極力抑える努力をしましょう。ヒーラーのMPが切れたとき、PTメンバーは次々と倒れていくことになります。ヒールをするとき以外はなるべく座ったり、走らないで歩くことでMP回復を図りましょう。
・MPの余裕があれば攻撃しましょう。このとき近接戦闘タイプのアタッカーより先に攻撃すると、アタッカーが敵に攻撃を仕掛けるのが遅れてしまったりするので、アタッカーが敵に取りついてから攻撃するようにしましょう。
・防御力の高い敵にBS(バーサーカースピリッツ)をかけるというテクニックもあります。これは、防御力を下げて攻撃力を上げる、通常は味方に使う魔法ですが、タンカーが耐えられるなら、敵にBSを使うのもアリです。ただし、敵に使うと一定時間ピンクネームになってしまうので、味方の範囲攻撃等も当たってしまうことになります。PTで相談して使いましょう。
・敵がスキルや魔法を使おうとしたとき、すかさずスリープをかけると敵の攻撃が中断されます。これを「スキルカット」「スリープキャンセル」と呼んでいますが、これが成功すれば味方のHPの減りが少なくなり、結果としてヒールの回数が少なくて済みます。試してみましょう。



 バッファー

 味方にバッファリング(補助魔法をかけること)をする、プロフィットやオーバーロードが適したポジション。補助魔法はエンチャントとも言い、通常「¥」と表現されます。ブレードダンサーやソードシンガーもある意味バッファーなのですが、運用が特殊なのでここでは対象から外します。また、実際のPT募集の際にはバッファーと呼ぶよりプロフやシリエルなどと、職業で募集される場合が多いです。これは職業により¥の種類が異なるため、職業を指定して募集したほうがPTの戦力バランスをうまく調整できるからです。
【装備】MPの総量が多くなるよう、セット効果のある装備を揃えることをお勧めします。また、詠唱速度や威力も重要になりますので工夫してみましょう。
【テクニック】
・¥の持続時間は20分です。戦闘の真っ只中で¥が切れるとPT全滅の可能性が高まります。そうならないよう時間を計り、¥が切れる前に告知することをお勧めします。キッチンタイマーやストップウォッチを用意しておきましょう。
・¥はまず自分から、アタッカーとタンカーは最後にかけるようにすると、タイマーで計っていなくても自分の¥が切れてからタンカーの¥が切れるまでの時間差で安全地帯へ脱出できることも期待できます。
・高レベルになってくるとたくさんの¥を覚えます。ただし、¥をかけられるのは20種類までで、それ以上かけると最初にかけた¥が消えてしまいます。踊りや歌、敵からの状態異常の魔法もこれに含まれますので19種類が上限になるよう、事前に相談して調整しておきましょう。
・¥がきれるときにMPが残っていれば、休憩せずに¥をかけ、PTは再び戦闘に戻ることができます。歩く・座るを駆使したり、戦闘中の魔法の使用を控える等、工夫してMPの回復を図りましょう。




 FA

 ファーストアタッカー。「ひき」とも呼ばれます。敵を最初に攻撃し、PTに敵をおびき寄せる役目を負います。主にタンカーが引き受けることになりますが、敵の特性を知り尽くした経験者や、集団から一匹だけ敵をおびき寄せるスキルを使えるアビスウォーカーなどの職業がFAになることもあります。
【テクニック】
・まずは敵がアクティブかどうか、異種族でリンクするタイプかどうかを見極めましょう。その上でPTの力量に見合った敵をひくようにしましょう。
・ひいてくる敵が複数で、その数が予測できる場合、その数をチャットで知らせてあげるとPTが対処しやすくなります。
・武器を外し、素手で敵を殴るとヘイト値が低いため、普段リンクするはずの敵がリンクしません。これにより多くの敵の中から一匹だけひくこともできます。ただし、失敗することもあるのでほどほどに。
・FAは敵を倒すことより敵をひいてくる方が重要です。絶えず次はどの敵をひいてくるか周囲を確認しましょう。継続して狩りを続けられる場合は目の前の敵が倒されるタイミングに合わせて次の敵をひいてくれば非常に効率の良い狩りとなります。




 TL

 ターゲットリーダーのことです。TLはPTの中で最も重要なポジションといえます。PTはTLの指示に従って行動することになるからです。主にタンカーとヒーラー以外の職がこのポジションとなります。
【役割】リネージュUでは、一点集中攻撃、1体の敵に対して集中攻撃するのがセオリーです。(ほかの敵はスリープやルーツで足止めしておきます)例えば複数の敵に囲まれたとき、次にどの敵を攻撃するか決定することがTLの仕事です。メンバー(特にアタッカー)はTLのネームを右クリック連打したり、マクロでTLのターゲットを攻撃するようにしたりしています。TLの示したターゲットに即座に攻撃を仕掛けるためです。ベテランになればなるほどTLの指示に従順です。ですのでターゲットは迷わず決定してください。
【テクニック】
・現在攻撃している敵が倒されるちょっと前に次の敵をターゲットしましょう(攻撃はそのまま現在の敵に)。そうすればPTはタイムロスなく次の敵を攻撃できます。
・FAが敵をひいてきて攻撃できる状態になるまでターゲットしないようにしましょう。そうしないとTLのターゲットにしたがってアタッカーが敵に突進してしまうことがあります。
・敵の特性を知っておくのもターゲットを決める上で重要です。睡眠耐性やルーツ耐性がある敵を先に攻撃するのが一般的です。
・次のターゲットはどの敵にするかチャットで知らせるマクロをつくっているTLもいます。こうすること後衛はどの敵にスリープをかければいいのかが素早く判断できます。



 スポ&バウ

 ドワーフの職業であるスカベンジャーとバウンティーハンターを差す言葉です。敵をスポイルし、より多くのアイテムを獲得することでPTに貢献するのが役目です。アタッカーとしての戦力としても重要な役割を果たします。
【テクニック】
・連続して狩りを続ける場合、すべての敵にスポイルをかけているとMPが不足してしまいます。どの敵から何のアイテムがスポイルできるかがわかっているなら、価値の高いアイテムのみを狙ってスポイルすることも必要です。




 リチャ

 味方のMPを回復する魔法「リチャージ」を使える職業を差します。
【テクニック】
・リチャとしてPTに参加するなら、なるべく他の魔法は使わずにリチャージに専念するように心がけます。リチャのおかげで連続してスポイルできたり、魔法が使えたりと、かなりPTに貢献できることでしょう。



 ダンシン

 ブレードダンサーとソードシンガーをまとめて呼ぶときに使う言葉。この二つの職業のエンチャントは魔法ではないので上乗せ効果となり、PTの戦力を大幅にアップすることができます。別々に呼ぶ場合は「踊り」「歌」と表現するのが一般的です。
【テクニック】
 ・歌と踊りの持続時間は2分です。2分ごとにスキルを使うことになります。ダンサーかシンガー一人の場合は時間差(例えば30秒ごとに異なるスキルを使う)で複数の種類のスキルを発動することによって、戦力に極端な強弱の波を最低限に抑えるというテクニックもありますが、MPの消費が気になります。ブレードダンサーの場合はヘックス(敵の防御力を下げる魔法)、ソードシンガーの場合はエレメンタルヒール(自己HP回復魔法)を使用したほうが狩りの効率が良くなる場合もありますのでケースバイケースでスキルの使い方を工夫してみましょう。
 ・タンカーがPTにいない場合、臨時タンカーとなる場合があります。ヘイトを多用することになりますので歌や踊りの数を減らすなどのMP管理が重要になってきます。
 ・ダンサーとシンガーが揃っている場合はお互いが相談し、あらかじめスキルを発動する順番を決めておきましょう。歌と踊りは重ねるごとに消費MPが増えていくため、適当にスキルを使っているとあっという間にMP不足となってしまうからです。一般的にはDDSDSの順番でスキルを重ねているようです。(D=踊り、S=歌)